Entry: main  << >>
体罰反対

 

有名人は不倫してはいけない。不倫をしたら世間に対して謝罪しなければならない。

教師は子供に絶対に体罰を与えてはいけない。話せばわかる。

撮影技術の急速な発展により証拠は必ず残される。誰もがスマホでその瞬間を撮影する準備ができている。

他の小学校も同じだったろうが、1970年代、私の通った小学校で大便をする男子はいなかった。学校で大便をしないために、朝、自宅で無理矢理でも出しておいてから学校に行った。

1980年代の中学校でもそうだった。中学に入るとトイレで不良が煙草を吸っていて、恐喝されるからトイレに行くのが嫌だった。金やレコードを脅し取られるのはいつもトイレで、不良グループにトイレに呼び出される度に学校に行くのが嫌になった。

休み時間に個室トイレに入っているのをみつかると、中にそこらにあるものを投げ込まれる。ドアを思いっきり蹴飛ばされる。恐ろしくて出ていけないでいると水道にホースをつなげて上から放水がはじまる。それでも出てこない人がいた。チャイムがなって休み時間が終わり、みんなが教室に戻ってからトイレを出る。

ある時、数人がいつものようにドアを蹴飛ばし、トイレットペーパーを投げ入れ、ホースで水を放水していると、カチッと鍵が開き、出てきたのは学校で一番恐い、ビンタを食らわすことで有名な先生だった。

子供たちの狂喜した笑顔が凍り付いた。先生は頭から水を垂れ流しながら子供たちを怒鳴りつけ、一列に並ばせ、一人一人がぶっ飛ぶほど思い切りビンタを食らわしていった。

今の世の中では、あのような状況でも、先生が生徒にビンタを食らわしてはいけない。そのような暴力行為は絶対に許されない。先生はストレスを発散させるために帰りにソープランドに行きたいが、そんな姿を動画に撮られたら学校で問題にされる。酒を飲んでストレス発散するしかないが、悪酔いして帰りの電車で痴漢をしてしまい学校をクビになってしまうかもしれない。悪いのは子供たちなのに、殴ることはもっといけない。子供が大人に放水しても罪ではないが、大人が子供に思いっ切りビンタを食らわして口を切ると傷害罪になる。殴られた子の親も黙っていない。一人一人殴っている姿も必ず誰かがスマホで撮影している。

特に義務教育ではどうにも更生できない子供たちがたくさんいる。何度話してもわからない子供を怒鳴ると発狂動画としてユーチューブに投稿され笑われる。

今の世の中では、誰にも批判されないストレス発散は自宅での大食いしかない。(山田)

 

 

| chat-miaou | 01:01 |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 01:01 |