Entry: main  << >>
なるほど! 整理術 家賃編



私の周囲にはきつい東京生活を送っている人が多い。

東京は家賃が高い。誘惑が多い。遊び場があって仲間がいて金がかかる。駅も電車も多いから車にも自転車にも乗る必要もない。

みんな優秀なので、実家に帰るか、都心から1時間40分ぐらい離れたところに引っ越せばまだまだ余裕でやっていける人ばかりなのが面白い。それほど東京生活は便利で快適で楽しい。高い家賃を払ってでも、生活費を節約してでも住み続けたい。

私は20代で東京生活をあきらめた。酒を飲んでしまうので、家賃がどうしても払えなかった。酒にだけはいくらつかってもかまわない、という強い信念をもって生きてきたので、毎月高い家賃を永遠に払うということがどうしてももったいなくてできない。その分酒を飲みたい。10万の家賃なら年で120万円、10年で1200万円、そんな金があればかなりの店で飲める。

私の住まいは都心から電車で1時間以上かかり、最寄駅から自転車で10分かかる。だから仕事や待ち合わせ時間の1時間40分前に家を出る。雨の日は最寄り駅に着くまでにビショビショになるが、それは私だけではない。近所の人たちもみなもう慣れている。大雨の日は最寄り駅に着くまでにパンツも靴下もビショビショになる。電車に乗ると冷房や暖房でかなり乾き、会社に着く頃には落ち着き、午後には不思議といつもと変わらない。そういうものだと最初からあきらめているから誰も文句をいわずに慣れてしまう。

とはいえ、私の近所から都心に通っている人は少ない。30年ぐらい前までは都心に通勤している人が当たり前にたくさんいたが、時代はかわった。人口が減り、家があまり、都心近くに誰でも住むことができるようになった。エリートたちはみな便利なところに引っ越していった。

私は親が遺した築50年の分譲団地に暮らしている。4612畳の2Kで300万円台で売っているが空室が目立つ。家賃はないが管理費と修繕積立費が合わせて月に18000円かかる。固定資産税は年に4万円しない。外観が汚いので誰も住みたがらないから売れない。一度所有すると所有者がかわるまで、住んでいなくても管理費と修繕積立費を払い続けなくてはならないから不良物件となる。高齢者ばかりなので、自治会の仕事をやらされる。

人は住んでいるところで判断される。しかし、そんなことで人を判断するのは最低の人間のすることでもある。外観と違い中はきれいにしてあるが、昔から私の家には誰もきたがらない。家が汚いと食べ物を出しても手をつけない。子供がいる人はきれいなところに住みたい。子供は汚い家に住んでいると友達に笑われる。大人になって人の住まいを悪くいう人間はゴミ以下の最低の人間だが、子供は正直で、まだそういうことがわからない。みんなが笑うから自分も笑う。きれいな自分の家を素直に自慢し、汚い住まいを残酷に笑う。私も何度も傷ついてきた。

誰にもきてほしくないからこのまま私は汚い住まいのままでいい。遠く離れたところに暮らしているから、都内の仲間から遊びの誘いの連絡がないのが嬉しい。人に会うと金がかかる。おごってくれるといわれても結局金がかかる。

そういう住まいだから近所に変な人も多いが、隣か上に変な人が住んでいなければ普通に穏やかに暮らせる。何不自由なく暮らせる。隣か上に変な人がいたら、引っ越すしかない。

東京生活にしがみつく人は多い。東京暮らしをやめたらダメになる、と踏ん張っている人も多い。

東京で飲むと家に帰れない。東京の夜は終電がなくなる1時以降が面白い。タクシーで帰ると1万円以上かかるから途中で5000円のラブホテルに泊まってから帰る。道で寝てしまい、何度も荷物を盗まれたのでそうすることにした。汚いホテルだが、寝るだけなので不自由はない。午後12時チェックアウトなのでゆっくりできる。汚いホテルだから人気がなく、いつもガラ空きで、もう20年以上常宿としている。

きれいなところに住みたい、便利なところに住みたい、誰もがそう思うからきれいなところと便利なところは家賃が高く、汚くて不便なところは家賃が安い。様々な事情で取り壊すに取り壊せない不良物件の家賃はびっくりするぐらい安い。不動産屋さんに聞けばそんな汚い物件がごろごろみつかる。(山田)

 

| chat-miaou | 01:01 |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 01:01 |