Page: 1/4   >>
貴重な経験

 

通っていたスナックのママが亡くなったと娘さんから連絡があった。体調不良で病院に行った時は既に手遅れで、全身にガンが転移していたという。やはり、健康診断に絶対に行かない人だった。今や2人に1人がガンになり、3人に1人はガンで死ぬのだから健康診断に行った方がいい。早くみつければほとんどのガンは治る。病院に行けば、ガンになってもまた酒が飲める。ガン保険にも入りたい。

数年前につぶれたスナックだったがよく通った。300回や400回ではない。20歳から36歳まで16年、自分の好きなウイスキーのボトルを持ち込み、水と氷だけもらっていつも2000円だけ場所代を払ってカウンターのはじで飲んだ。あんなことを許してくれた人はあの人だけしかいない。昼も夜もやっているスナックで、ママはいつも店にいて、夜中だろうが、明け方だろうが、電話をするとすぐに開けてくれた。幾晩彼女と腹を抱えて苦しいほど笑い合っただろうか。大晦日はいつもあのスナックで過ごした。彼女がこの世にいなくなってしまいとても悲しい。

彼女との思い出は多い。

深夜に店に寄るとママがいない。

トイレに行くと、向こうを向いて用を足しているママがいて、

「馬鹿野郎…開けんじゃねーよ…」

と困ったようにいったが、悪いのは鍵をしめない彼女だった。

ママの秋田の実家では、妹がスナックをやっているというので遊びに行った。私はママの実家に泊めてもらえた。

深夜に目が覚め、トイレに行き電気をつけると、その時が初対面だったママのお母さんが向こうを向いて用を足していて、

「ギャーッ!」

と悲鳴を上げた。

投げ捨てるようにドアを閉め、寝室に逃げ帰り、そのまま息をひそめて朝が来るまで小便を我慢した。

私は親子二代にわたって女性が用を足している姿を目撃するという貴重な体験をさせていただいた。しかも若くない。ご冥福を心からお祈りする。(山田)
 

 

| chat-miaou | 01:01 |
六本木でボッタクられた



ずっと興味があった潜入取材に挑戦した。

目つきの悪い客引きがいて、以前から泥酔して歩いている私に声をかけてきた。

酔っ払った勢いで彼を訪ね「1時間4000円でかわいい子ばかり」と何度も確認してからついていくとやはり記憶が飛んだ。ほとんど何も覚えていない。睡眠薬を飲まされたのかもしれない。

こういう経験は二度目で、一度目は目を覚ますとおかまのおじいさんが私のパンツを脱がして下半身をうまそうにしゃぶっていた。完全にマウントポジションを取られていたのでどうでもいい気分になり、何十分もされるがままだった。隙をみて強引に振り切り店を逃げ出たが忘れ物をしてしまい、恐くて取りに帰れなかった。女性への性犯罪は刑務所にいき、男性への性犯罪は笑い話に終わる。あの時も体が動かず、1週間ぐらい気持ちが悪く体調が悪かった。今回もあの時の気分の悪さに似ている。

目が覚めると朝になっていた。財布の中の小銭は残っていたが札はすべてなくなっている。嫌な予感がしたので朝っぱらからカード会社に問い合わせてみると女性がカードをつかった時刻と明細を読み上げてくれ、その額は計25万円で、ゾッとした。酔っ払って記憶がなくなることはよくあるが、一晩でこんな大金をつかったなどということはない。こんなに払えない。

泥酔者をみつけて店に連れて行き、睡眠薬を酒にまぜて眠らせ、その間にカードや名刺を抜き取り、そして戻しておく。売り上げ伝票に名刺を添付し、本人になりすましてサインすればカード会社も正式な売り上げと認めざるをえない。そんな手口は下調べしてあった。

9万円と16万円、カードは二店でつかわれていた。何も覚えていないので、自分でつかったのかもしれないが、私はスケールの大きな人間ではない。犯罪のにおいがする。シャンパンや高級ワインを頼んだ可能性は否定できないが、二軒目が特に怪しい。

カード会社のセキュリティ担当者に相談すると、「ひどいボッタクリですね」と同情され、勇気が湧いた。

「一軒目だって9万円なんて普通じゃないですよね、こんなにするわけないじゃないですか」

詳細を調べてもらうと、六本木のキャバクラは3時間いて9万円、六本木で会計を済ませた45分後に新宿で16万円の会計を澄ませている。

「すごいですね…」

説明を聞きながら思わずつぶやくと、カードを読み込むキャットという端末を新宿から六本木にもっていけばこういうことが可能になるという。しかも新宿の店の六本木店ということにすれば違法ではない。

店の名前と電話番号はすぐにわかったが、店の正しい所在地は売り上げ伝票がカード会社に届くまでひと月ほど待たなくてはならなかった。カードの不正使用を請求書がくるまで気づかない人もいる。

恐ろしくなり、泣き寝入りして忘れてしまおうと思っていると、翌日の深夜1時に知らない番号から着信があり、怖いから出なかった。さらに早朝5時にまた別の知らない番号から着信があり、寝ぼけて電話に出てしまうと無言で切れた。

そのまた翌日にショートメールがあり、夜中の電話はボッタクリキャバクラ嬢からだとわかり「覚えてる?」と探りを入れてくる。こちらも「カードをたくさんつかわれた」とだけショートメールで探り返すと「え!!!!」と驚いたメールが返ってきたがどこかわざとらしい。

一週間後、またキャバクラ嬢から「詳細わかった?」とショートメールで探りが入る。なめられるとさらに請求されそうな気がするので警察の名前を出して冷たく突き放すと「ごめんなさい」と返事がきた。

警察もカード会社も積極的には動いてくれないので自分で追及するしかない。酒を飲んで気を大きくしてからじっくり一つ一つ電話していくが、みなしらばっくれている。怪しい店の共通点は電話に出ても自分の店の名前を名乗らずシーンとしている。

新宿の店に電話すると怒った口調で「うちの店が? ボッタクってない」という。16万円分の領収書を送るようにいうと、店に取りに来くるようにいわれた。

キャバクラ嬢に電話して、あんな変な店に連れていったのは君か、とたずねると「一緒に行っていない」というからくやしくてやりきれない。何も覚えていないので怒りのやり場がなく、早朝の無言電話にも折り返すと、変な女が出て「この間大丈夫だった?」と友人のようになれなれしい。彼女の話によれば、私が大勢をひき連れて新宿に飲みにきたというのだが嘘に決まっている。私は子供の時から友達が少なく、友達をつくることができず、大勢をみただけで家に帰りたくなる。その夜だけそんな豪快なふるまいができるはずがない。みんなグルだ。

頭にきたから「あなた、これは犯罪だよ」と説教してやろうとすると「自分で遊んどいて、後からそういうこというのみっともないからやめなよ」と年下らしい女に強い口調で逆に諭され、悲しみが募った。悪い女は存在する。酒場にたくさんいる。高い店にいる。本当に、悪い女は存在する。

警察の名前を口に出すとみな冷静な対応にかわった。私は自分の行動に自信がもてず警察への被害届けを取り下げたが、捜査がはじまればすぐにお金が戻ってくるのかもしれないので強気でいった方がいい。

新宿の店にいくことにした。

その前にカード会社に電話し「これからお金を取り戻しにいきますけど、殺されるかもしれません」といいおくと、ただちに犯罪認定してもらえ、被害額の半額以上をカード会社が事故処理してくれることになった。

カード利用者にはカードの管理義務があるが、明らかに犯罪であること、警察に被害届けを出すこと、など一定の条件を満たせばカード会社が助けてくれる。私は普段、アマゾンで1円本を買いあさるぐらいなので、過去のカード使用履歴をみても異常さが目立った。泥酔しておらず、被害日の行動を自信をもって細かく説明できたらもっとたくさん犯罪認定してもらえたはずだ。

ひと月経ち、伝票のコピーがカード会社から送られてきた。やはり住所は新宿になっている。

サインの筆跡をみて確信した。私はあの夜、新宿へはいっていない。明らかに私の字ではない。私はいつもぐにゃぐにゃした汚い漢字でサインをするが、伝票のサインは丁寧で女性が書いたような字で自信をもって私の字ではないと保証できた。カード裏にに書いてあるサインだけは丁寧に書いていて、そのサインを真似したのだろう。それでも字が違う。そして私の名刺が伝票に添えられていた。

「やっぱりこれボッタクリですよね?」

「普通、わざわざ売り上げ伝票に名刺なんてはっつけてこないでしょう? 他の街でも睡眠薬飲まされて覚えてないうちにカードで払わされたって話がきてます。同じように名刺がついていることもあります。銀座とか池袋に多いみたいです」

睡眠薬使用者によると、酒に睡眠薬は完全に記憶が飛ぶという。

不正なカード加盟店を排除するためにカード会社にも早急な対応が迫られるが、カード会社ごとに管理している加盟店が違い、店によっては指導できない。

住所を辿って新宿の店を訪ねてみると看板もない人気のない暗いビルの一室で怖くて入ることができなかった。身の危険を感じ、取材を終えた。

名刺を奪われているので彼らは私の住所も電話番号もメールアドレスも知っているが、その後連絡はない。あちらも深入りすると逮捕されるのがわかっている。カード会社の人によると、どれも1度きりの犯行で終わる。

みな、最初は繁盛する店をやりたかった。自分ならできると信じていた。しかし、はじめてみると客はこない。家賃も人件費もかかり、借金がかさむ。

彼らは後戻りしない。借金を背負うぐらいならリスクをしょってボッタクる。街には草食系泥酔者があふれ、儲かるから賃金の安い労働なんてやってられない。捕まるぎりぎりまでボッタクる。

彼らが狙うのは泣き寝入りする気の弱い人たちだ。警察にいくような客は困る。

高額な詐欺にあい、悲しみに暮れている人がたくさんいる。これからはクレーム代行業なんて儲かりそうな気がする。怖くて文句をいえない人にとって、文句をいってもらえるだけで有難いし、被害額の半分でも戻ってきたら舞い上がるほど嬉しい。

怒らなければ、闘わねば、餌食にされる。少し勇気を出せば取り戻せる埋蔵金はたくさんある。(山田)

| editor | 01:01 |
透明なウーロンハイ

 

開店時間の8時を楽しみに待ち、久しぶりにガールズバーの圭子さん(34歳、2児の母)に会いに行くと、すでに店を辞め、街を去っていた。 

私は平気で突然、1年も2年も3年も店に顔を出さなくなるのでこういう別れが多い。電話もメールもいっさいしない。連絡先は聞かないし教えない。

圭子さんはどんな店でもウーロンハイしか飲まないかっこいい人だった。ビールもワインも日本酒も全く口にしようともしない。酔っ払った後半はウーロン茶を入れるのを忘れ、ウーロンハイだといいながら焼酎のロックやストレートを飲み、しかも朝8時とか昼12時まで飲み続けた。

二人で込んでいる焼き鳥屋に行くと、満員のカウンター席で彼女は一番美しく目立った。店のおやじが彼女にばかり話しかけてきてうるさかった。肉を食い慣れない私が口に残る肉のスジをどうするのか彼女に聞くと、「飲む。いつまでも噛まずに飲み込んで栄養にするんだよ」と教えてくれた。私は彼女の酒の強さについていくことができず、泥酔し意識朦朧としながらも、いつも彼女にみとれていた。

酒と美食のおかげで年々体が大きくなっていくのも楽しみだった。それでいて色気を失わない。どんどん太っていくのにキラキラと輝いていた。もう、あんないい女には会えない。

がっかりして、行くところがないので近くの黙って飲める立ち飲み屋に寄ると、ゆかりさんの送別会をしていた。ゆかりさんといっても、私は一度も彼女と話したことはない。立ち飲み屋がオープンしてから私もずっと通っているから15年以上の顔見知りではある。日曜も祝日も営業してくれている無休の繁盛店でよく働く人で、私はゆかりさんのかくれファンだった。酔っ払いのあしらいにすぐれていた。

10年以上前、母の介護をしていた頃、金がない時に2000円もってよくこの店に飲みに行った。決して話し掛けてこないゆかりさんの存在に感謝した。

結婚するのか、親の面倒をみに田舎に帰るのか知らない。当たり前のようにいつも店にいてくれたゆかりさんが、まさかこの街からいなくなるなんて、とても強い喪失感を覚えたが、事情も聞かず、お礼もいわず、別れもいわず、いつものように黙って店を出た。

新しい人がやってきて飲み屋で働き去っていく。いい店に出会えたら、できるだけお金をつかうようにはしているが、どんな店もそれほど儲からない。誰かが飲み屋をはじめ、店を開けて客を待っていてくれるからアル中は生きていける。

父の食欲がどんどん減っていく。私だけが取り残されていくような気分になる。こういう気持ちにはそろそろ耐えられなくなってきている。(山田)

 

| chat-miaou | 01:01 |
ナンバー1

 

知っている人気キャバクラ嬢が店を辞め、独立して一人でスナックをはじめたことがあった。

連日スナックのカウンター席が彼女の指名客たちで埋まった。

彼女はみんなで楽しく飲める店をやりたかったようだが、本気の一人客ばかりが集い、嫉妬がうずまき、楽しい雰囲気になることはなかった。

私も彼女が好きだったが、客たちもそれぞれ魅力的で、いつもカウンター席のはじっこで彼らの話に耳を傾けていた。

プレゼントしたダイヤの指輪を返してくれと真面目そうな若い客がいい出し、彼女は「すぐには出てこないから探しておく」と言い訳した。借金をして勝負に出たのだろう、若い客はいつも切羽詰った顔で酒を飲んでいた。サラ金に手を出して惚れた女にみつぐという普通の人が経験できない最高の思いを味わっておきながら、思い通りの結果が出ないとリセットボタンを押そうとする。人生にリセットボタンはない。そんなことをしていたら先に進めない。人の気持ちは金で買えない。

深刻なやりとりは長期間にわたって続き、彼が帰ると彼女はホッとした表情を浮かべた。

若い客が帰った後そっと、

「売っちゃったの?」

と聞くと、コクリと頷き、おかしそうに吹き出した。ナンバー1ホステスはそれぐらいでないとつとまらない恐ろしい仕事である。

腰の曲がった年老いた母親を連れてくる中年男性や、3人の子供を連れて飲みに来るまだ若いバツイチ男性などもいて、彼らがいったい彼女に何を求めているのか、彼らの言動から目が離せなかった。呆然と彼らにみとれている私を、彼女は「変態だよ」といって笑った。
恐い客もいた。彼女の名前を腕に彫り込んできて、どれほど彼女を愛しているか訴えた。入り口で「店に入れろ」「入れない」でもめていた人はポロシャツの下から極道系の入れ墨がちらちら顔を出した。

億の金額を口にするおじさんや、芸能人との交流を話す業界人、自称作詞家も、自称漫画家も小説家も、彼女の気を引くのに必死だった。

「やさしい人が好き」「面白い人が好き」「一緒にいて楽しい人が好き」という独身美人ママの相手はどんな人なのか興味津津だったが、客と恋愛関係になることはなかった。

十代には暴走族に入り、芸能界を目指したという。小作りでアイドル歌手のような顔をして、着物がよく似合ったので幅広い客層が彼女の虜だった。
が、
30を過ぎたあたりから病気をしたり、急に太りだしてしまい、客足が減った。

客が減るとしつこく店に来るように電話がかかってくるようになり、煩わしくなって私も通うのをやめた。

そして彼女は店を閉め、結婚した。

二人で買い物をしている姿を見掛けた。派手なジャージで、全然やさしそうではなく、たぶん面白くなく、一緒にいればかつあげされそうな、目を合わせたくないタイプの旦那さんだった。(山田)
 

| chat-miaou | 01:52 |
貧乏人と金持ち

 

金持ちは残高が減るのを極度に嫌う。

自力で金持ちになった人などほとんど存在しない。サラリーマンの月収で年収400万円稼ぐのは難しい。派遣社員の年収が300万円に届かず、手取りにするともっともっと低い。私の周りの貧乏人たちは年収200万円もいかない。

都内に住むと小さいアパートで6万円以上する。探せばもっと安いアパートはいくらでもあるが、6万円以下では隣の話声で眠れない。古い畳部屋でかゆい。夢を追いかけている若者や外人か、無職の老人ばかりで住みづらい。みんなできるだけきれいなところに住みたい。普通のサラリーマンや派遣社員が一軒家を買うことは難しい。

貧乏人はお金が入ると喜ぶ。普段からお金があったらあれもしたい、これもしたい、とそればかり考えている。投資をするお金はないからギャンブルをする。

パチンコや競馬や競輪でたまに10万円勝つと仲間を呼んで酒を飲む。残高が減るのを嫌う金持ちがやってくる。

豪邸に住む金持ちは残高が減るのを嫌うので、いかにしてただで酒を飲むかばかり考えている。

アパート暮らしの貧乏人が家賃収入もある豪邸暮らしの金持ちに酒を奢る。

普段いばることのできない貧乏人が興奮してストレスを発散する。普段より声がでかくなり、楽しくてたまらない。金持ちも金が減らないから楽しい。

キャバクラで10万円つかいきり、貧乏人と金持ちは別れて帰路につく。腹が減ったので貧乏人は残った380円でコロッケそばを食べながら楽しかった一日を思い返す。まだ興奮が残っている。またギャンブルで絶対勝とう、とかたく決意する。

帰り道で腹が減った金持ちは財布の内側から小さくたたんだ1万円札を取り出し、奥さんを呼び出し、中華料理屋で五目そばにカニチャーハン、春巻き、餃子を食べながら紹興酒を飲みなおした。(山田)

 

 

| chat-miaou | 02:01 |
金持ちの気持ち 3

 

人口が減りはじめ、周囲に空き家が目立ってきた。5分自転車で走れば数軒は空き家がみつかる。

老人が住んでいた古い家は買い手がみつからないまま不動産業者に引き取られ壊され、再開発となる。

15年も経っていない家もパワーショベルで壊されていくのが目立つ。高齢の親の将来の相続税対策にすごい豪邸が続々と登場している。住居なら相続税対象評価額が8割減らされるから、みな思いっきり自宅に金を注ぎ込んでいる。興味深く完成した豪邸の前を通りかかり、住んでいる人の顔をのぞいてみると、やはり老人、若夫婦、子供の三世代が住んでいて、明らかに相続税対策だとわかる。広い駐車場に高級車が並ぶ。門にも塀にも床にも植物にも芝生にも庭用水道にも置物にも表札にまで無理矢理というほど金をかけている。その家が近づいてくると、かなり遠くからでも目立つから噂になる。印象が強過ぎて世間話に出さないわけにはいかない。人間の考えていることはみな同じで、当然、近所の人も親戚も友達も営業マンも泥棒も詐欺師も、いったいあといくらあるのだろう、と考える。あり金はたいて豪邸に建てかえる人はいないだろう。法律で決められた住居敷地面積で、建物だけではどうつかっても1億はかからないだろう。あんなすごい家に住んでいたら強盗が恐くてセコムなしでは安心して寝られない。

よくいくスナックに自称パチプロのおじいさんがいて、勝金が1万円以下なら煙草に変える。そのおじいさんは煙草を吸わない。スナックの常連客たちの吸う煙草の銘柄をそれぞれ覚えていて、無言で数箱づつ配っている。アルバイトの女の子にはお菓子やジュースを取ってきてくれる。毎晩のことなので、みんな普通に「ありがとう」といって受け取っていくが、今、煙草はかなり高額な嗜好品になっているのだから、もらった方はかなりありがたいはずだ。おじいさんにとってのボランティア活動なのだろう。一人でする、誰にも何も指図されないボランティア活動は楽しい。

おじいさんの着ているものをみて、お金持ちだとわかる。毎日1万円つかって夜5時までパチンコを打ってから2000円で飲めるこのスナックにやってくる。私にも何かくれようとしたことがあるが、私は煙草を吸わないし人前でお菓子を食べない。

おじいさんのお金のつかい方はみていて気持ちがいい。欲しい物をくれるから人気者になる。横からそっと財布の中身をのぞいてみると1万円札と5千円札はなく、千円札が10枚づつ束ねられていた。小銭をたくさんつかい、小銭のつかい方がうまい。みていて気持ちがいいということは、それが正しい金のつかい方なのかもしれない。(山田)

 

| chat-miaou | 01:03 |
金持ちの気持ち 2


 

金持ちが嫌いなのではない。金持ちはかっこよくて羨ましい。金持ちなのにケチなのが嫌だ。大きな家に住み、いい車に乗り、割り勘分の飲み代を払わない。そういう金持ちが多過ぎる。そういう一緒にいるのが恥ずかしくなるようなのが金持ちの特徴になってしまっている。そういう金持ちはとても目立ち、確実にみんなから陰口をいわれている。

スナックの女の子を何度か飲みに連れて行った。

この子が調子に乗り、私の行きつけの店に友達を連れて飲みに行き、私のボトルを空にし、さらに飲み代を私のツケにして、ボトルに「ごちそうさまでした」と書き残した。

とてもきれいな子だと思っていたが、一気にさめ、気持ちの悪い汚い女にみえ、それ以来、顔もみたくないから彼女のいる店には行かない。人気があって、性格がいいといわれているが、まるで豚のようだ。

なんでああいうことをするのだろう。金持ちでお父さんがマンション経営をしていて、本人も都内の広いマンションに住んでいる。飲み代もタクシー代もいつも誰かに払わせるが、彼女は私の10倍以上金を持っている。金のないふりをして金を持ち歩かず、人の金で飲み歩き、自分の金は自分のためだけにつかう。そんなことをして得をしていると本能的に感じている。親も兄弟も親戚もみんなそういう人たちだからそうなったのだろう。

「今日は私のことを好きなおじさんのボトルを空にして、友達の分もおじさんのツケにして飲んできちゃった」「で、いくら分儲かった?」

家族でこんな会話をしていないにしても、頭の中では計算している。

流行のきれいな服がよく似合っていたが、人の金で買った卑しいかっこうにみえる。交通事故にあってできるだけ長く苦しんでから死んで欲しい。

嫌々彼女の支払いを済ませると、マスターが、「やさし過ぎるんじゃない?」といった。こいつも駄目だ、こんなことに、やさしいなんていわない。3流だ。さすがに頭にきて、もうこの店にも二度とこないから「あなたがツケをみとめるからこうなったんだろ、誰がツケていいなんていったんだよ」と捨て台詞を残した。彼女が私の確認をとった、とウソをいったというが、相手が私でなければそんなウソが通用する店でもないだろう。こんな奴と話しても無駄だ。こいつも私が払わなければ騒ぎ出す。とっとと縁を切り、二度と顔をみたくない。思い出すのも嫌だ。

美しいとは難しい。この女は美しくなんかない。近いうちに誰からも相手にされなくなり、クソババアと呼ばれる。一度だけ、私にだけこんなことをしてしまったなんてことはない。思考回路も行動も、いかにして金を出さないで済むか考え、それが芯から身にしみつき、それが他者からみてどれほど無様か死ぬまでずっと気付かない。

そろそろ勘定になると寝たふりをする、トイレに行ってなかなか戻ってこない。そんな生きる姿勢でいては大きなバチが当たる。みんなから恨まれる人は必ずそうなるようになっている。

性格がいいママがやっているスナックがあって、その子を連れて行ったことがある。後日、私がその子について語っていると、

「どこがいい子なんだよ、いい子なわけないじゃんかよ、そんなの少し考えればわかるじゃんかよ、まったく男はしょーがねーなー」とあきれた。

周囲の人間の、ありもしない長所をでっちあげ、聞くに堪えない低レベルな物語をこしらえる。なるほど、いわれてみれば顔がきれいで、若くてスタイルがいい以外には、いい所は一つもみつからない。(山田)
 

| chat-miaou | 01:02 |
金持ちの気持ち 1

 
 

安い居酒屋で飲んでいるのはほとんど低所得者だが、何%かお金持ちがいる。

私はいつも一人なので、テレビをみているふりをしながら周りの人たちの話を聞いている。一人2000円で十分飲める居酒屋で億単位の話をする人がけっこういる。
話を聞いていると、お金持ちには共通点がある。親から受け継いだ土地の所有者で、駐車場、アパート、マンション経営の話をする。本業の他に資産運用をしており、副収入の方が莫大となっている。会社の給料は25万円なのに、家賃収入が数百万円ある。利益がある程度貯まると銀行と相談し、税金対策を練りながらまた新しいマンションやアパートや駐車場を建設する。

生まれた時からお金持ちなので、成金のように無駄遣いはしない。高い店で飲んだり、銀座で飲むような愚かな真似はしない。お金はつかえば減る、つかわなければさらに貯まる、という基本フォームがきっちりと身についている。誰に言われた訳ではないが、育った環境でそのようになる。親や親戚と同じように、雰囲気や空気から自然とお金持ちの気持ちが身につく。貧乏人は入ってくるお金に狂喜し、すぐにつかって貧乏に戻り、お金持ちは資産を決して減らさない。お金に対する感受性が強いため損得勘定にすぐれ、ギャンブルにはまるようなことはない。たとえ100円でも、負けた時の痛みは常人の想像を絶する。デート代が5000円かかったら全額おごるようなことはせず、「1000円でいいよ」と、少しでもダメージを減らす。
仕事はできるだけストレスの少ないものを選び、残業がないため早い時間から飲んでいる。

もっといい店の方がおいしいけれど、少しでも安い店に行って節約する。生涯でつかう総額は平均よりずっと少ない。

いつも「金がない」と言っている。時計はロレックスで人前でははずさない。

そんなに貯めてどうするのか。安心を買っている。多ければ多いほど、死ぬまで不安なく暮らすことができる。

ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』のお金持ちのお父さんもお金を誰にもやらない。

「できるだけ長生きする。だから1円でも多く必要なんだ。年をとるにつれて汚らしくなるから女がよってこない。そこで金が必要になる。自分が楽しむだけのために少しでも多く貯めておく。みんな口には出さないけれど考えていることは一緒さ」
お金持ちは家にはお金をかける。将来子供に相続をする時、住居は
80%資産控除され、相続税対策となるため惜しみなくつかえる。2000円で飲んでいるのに、控除範囲内の敷地面積で、できるだけ広い、できるだけりっぱな家に住んでいる。本当は金を持っているかいないか、住んでいるところと車をみればすぐわかる。快適に金をかけない人はいない。だから家と車に高い税金をかける仕組
みになった。

一緒に飲んでいる貧乏な同僚が仲間の正体を知って呆然としているが、決しておごってもらえない。(山田)
 

| chat-miaou | 01:01 |
割り勘の問題


 

酒の飲めない友人が嘆く。

「割り勘てなんとかならないですかね。僕なんて1杯しか飲めないからいつも損してますよ。高いもの頼むのも露骨だし…」

前金制の立ち飲み屋なら自分の頼んだ分だけその都度払えるよ、と教えてあげると彼は一瞬目を輝かせた後、

「でも、僕はお酒が好きじゃないから、そんなことのためだけに立って飲むなんて嫌ですよ」

と悲しそうにつぶやいた。

金がない人ばかりになり、割り勘という風習は本当に迷惑だ。

誘った方が出すべきだ、という考え方がある。嫌なら誘わなければいいのだからこれは正しい。
よく女性がデート代を割り勘にされてぶち切れている。売り込むわけではないが、私ならデート代は
5000円は用意する。デート相手がいないわけではないが、今は余裕がないから誘わない。

「次は俺が出す」

というのも頼むからやめてほしい。普通、一軒目の鮨屋が高くつき、二軒目のバーは腹が一杯なので安い。二軒目が銀座のクラブなんていうこともまれにはあるが、そんなこと、これまでの人生で数回しかない。一軒目の鮨屋が2万円で二軒目のバーが3400円というのが定番であり、2軒目は喫茶店でコーヒーにする人もいる。翌日になってから「一晩よく考えたのだが、やっぱり昨日は割り勘で」などとはなかなか言い出しにくい。そういうことを計算に入れている敵は少なくない。

「お支払いはカードで?」と聞いてくる店もあるのだから、「お支払いは男らしくおまとめで? それとも今回は普通に割り勘で?」と聞いてくれる親切な居酒屋さんがあったっていい。ランチタイムは別会計が普通なのに、飲み代の割り勘個別会計は面倒なので拒否するというのは店側の怠慢であり、そういう店はもういらない。

基本、誘った方が出す。「次は俺が出す」は懲役または5万円以下の罰金。割り勘は100円単位で、100円未満は男らしく黙って私が出そう。

そもそも私は人に会いたいという発想がない。人に会いたくないという気持ちは人一倍強い。誘いを断るのは勇気がいるしとても疲れる。断っても断られてもしばらく嫌な気分が続くのだからお互い誘うのはもうやめよう。今の良好関係を維持するためには会わないのが一番いい。(山田)
 

| chat-miaou | 06:01 |
財布の内側に小さくたたんだ5千円札

 

みんな金がない。金があっても無駄につかいたくない。

男と女で飲みに行く時、そこには未来があるかもしれないから無駄ではない。ささいな希望にも金をつかってみる価値がある。希望がなければ生きていけない。

男と男、女と女、同性同士で飲みに行くと後悔することが多い。

友情などというものは若いうちの幻想で、ありもしない長所を無理矢理ほめ合っているが、収入の差、生活の差が出る年齢になると話は合わず会うのが嫌になる。友情とは過去の思い出で、普通は35歳を過ぎると同性者が二人きりでいるだけで違和感を覚える。二人きりで歩いている時、二人きりで目が合う度、年老いた自分の姿を鏡でみるような気分になり早く帰りたい。

一人で行きたいところへ飲みに行き、うまいものを食いながら飲みたい酒をのんびり飲み、数杯で気持ちよく酔ったら帰って寝るのが年相応でいい。誰もがそんな年齢になる。

仲間に誘われて飲みに行く度、もうやめよう、と思う。

酒飲みはいつまでも酒を飲んでいる。話すべきことなど最初の5分で、後は酔っ払ってダラダラと無駄な時間に付き合わされる。

人と飲むといつも以上に飲む。話していると飲んでしまうし、間がもたないから飲んで酔っ払ってしまう。それだけ金がかかる。二日酔いになる。金も健康も失い、何一ついいことがない。

男と女が飲むなら男が払う方が気分がいい。年上が年下におごらなければ世の中は成り立たない。

問題はどちらが誘ったか。男が女を誘って男が払う。年上が年下を誘って年上が払う。

女が男を誘った時、年下が年上を誘った時、後で嫌な気分にならないように断る。嫌われてかまわない相手や二度と会わなくてもかまわない相手なら勇気を出して割り勘にしてもらえば二度と会うことはなくなる。

会計の時、財布を出さない人は多い。タカリの基本テクニックで、こちらが間がもたなくなり面倒くさくなって「奢る」というのを待っている。払った後に割り勘分を請求しにくいという男心をよく知っている。それが証拠にみんな「ごちそうさまです」とすぐに即答する。「どうする?」と聞いてくる最低の奴もいる。どうするも何も自分の飲み食いした分を払ってもらいたいが、毎回いちいちそんな当たり前のことを説明しなければならないなんて本当に嫌になる。元アル中の私の周りにはそんな意地汚い人しかいない。頼むから早く死んで欲しい。顔をみるのも嫌だ。

会計が2人で7800円だったのに対して「3000円でいい?」と聞いてくる人がいる。雰囲気が悪くなるからいいと答えるしかない。少しでも金を払いたくない。最初に出しておいた人が損をする。最初に出しておくような人は、後から割り勘分を出す立場になったら4000円払う。払う人、払いたくない人、この世には2つのタイプが存在し、払いたくない人は常に払う人のそばに寄ってきて自分が得するように駆け引きしている。

景気がいい会社では割り勘分を集めておきながら領収書を取り、それを必要交際費として会社に請求する人もいた。こういう人はすべての支払いを会社に請求できるかどうか考える頭脳構造となり、歯止めが効かなくなり自分の生活費まで領収書を取って会社に請求し、最後は横領で会社をクビになる。数十年前までは地方出身のエリートが横領で会社をクビになるケースが多々みられた。私の知っている人で、今思い出すだけも4人はいる。

人の分を払ってはいけない。振り込め詐欺と同じで面倒なことになる。一度人の分を払うと、それが相手のデータベースとなりもっとほしがる。

相性のいい年下の友人を誘って飲みに行った。彼はタカリではないがいつも私の奢りで飲む。

「だって山田さんが奢ってくれるじゃないですか」

彼の気持ちを聞いてみた。仲よしだから隠さずに色々教えてくれた。

財布の内側に5000円札を小さくたたんで隠しもっていた。もしものためにもっていて、もしもの時とは、電車がなくなった時と、その時に買わないと手に入らない1点物が売っている時だという。

自分で金を払ってまで酒など飲みたくない。普段は酒を飲まないし、うまいものにも興味がない。酒のつまみに500円出す人の気持ちが理解できない。自分から飲みに誘ったことなどこれまで一度もない。

流れで飲みに行くことになった時は財布の表に入れてある2000円しかないと断ってから飲みに行くと、それ以上払わされることはなく誰かが絶対に割り勘分を払ってくれる。「金おろしてこいよ」とつっこまれないようにキャッシュカードとクレジットカードは持ち歩かない。(山田)

 

 

| chat-miaou | 05:01 |